私は通勤で電車を使っているのですが、よく行きや帰りの電車内でクロスワードパズルやナンプレをやっている方をみます。

 

ちらっと問題を見て、あーこの四角にはこれが入るなー

 

なんて思うこともしばしばあるのですが、頭を使う作業として有名ですよね。

 

趣味でやっている方も多いそうで、頭、脳を使う作業なので認知症予防、ボケ対策として、クロスワードパズル、ナンプレをしている方も多いようです。

さて、今回はこのパズル、ナンプレが本当に認知症対策として効果的なのか、ということについて、私なりの意見を交えながら、お話しようと思います。

 

クロスワードパズルやナンプレって効果あるの?

このサイトでもよく言っているのですが、知的活動は認知症対策として非常に効果があります。

 

知的活動、というのは脳を使い、思考を巡らせることを指します。

例えば

数学の問題を解く際に
〇〇という公式を使い
式を解く
しかし実際に答えを出してみると
正解の答えと数が合わない
ではなぜ合わないのか
あの時のこの計算が違うのかな・・・

 

などなど思考を巡らせることを指します。

 

数学を例に出しましたが、身近なことでもいいです。

料理でシチューを作る際に
まずは野菜を炒める
でもその前に野菜を洗おう
野菜を洗ったら、まず切ろう
あれ?野菜はどのくらいのサイズで切ろうかな?
好みとしてはすこし大きめに切ったほうが好きだけど
あまり大きいと食べにくいなー
そういえば、この前大きめに切ったら
食べにくいって家族に怒られたなー

 

と自分の頭の中で思考を巡らせることも知的活動として有効です。

スポンサーリンク

 

そのため、認知症予防として有効な思考術というものがあるのですが、これはまた後日、別の記事で紹介したいと思います。

 

さて、本題に入りますが、クロスワードパズル、ナンプレは認知症予防として有効です。

 

あるアメリカの医者が知的活動について研究したものがあります。

研究者「認知症は奥が深い、なぜ認知症になってしまうのか」
研究者「すこし大勢の人を集めて、研究してみよう!」

 

研究者はアメリカのニューヨークの高齢者、約500人を対象に、5年間にわたって研究しました。

研究者「まずは認知症ではない健康的な人を集めよう
500人は集まった、よし全員健康的だな!」

 

当初、この500人は認知症ではない、という診断を受けていたのですが、5年後には4分の1近くの130人は認知症になってしまった、という結果となりました。

研究者「なぜ認知症になってしまったのか・・・」

研究者は考えました。

 

運動習慣、家族環境、食生活、いろいろな要因があるが、生活習慣に着目してしみよう、ということで、趣味の時間や空いている時間に何をしているのか、ということについて考えてみました。

 

読書やチェス、ギターの演奏やクロスワードパズル・・・

 

などなどいろいろな活動面から調査していくうちに、わかったことがありました。

 

研究者「チェスをやっている人は認知症になっている人が少ないぞ!」

 

日常の中で習慣的にチェスをやっている人は、認知症予防として有効ということがわかりました。
具体的になにもしていない人を100としたら、チェスをやっている人は25、つまり認知症になるリスクが75%軽減できるということがわかりました。

 

チェスだけではありません。

 

クロスワードパズルは約40%軽減できるということもわかりました。

 

研究者「なるほど、開いている時間はただぼーっと過ごすことより、頭を使った作業は効果的なんだな」

 

さて、これがアメリカの研究の概要なのですが、この研究からもわかるようにクロスワードパズル、ナンプレは有効です。

 

しかし、段々と慣れていくうちに作業化してしまうのが、デメリットとしてあります。

 

同じ作業と淡々とこなしてしまい
同じような頭を使い方をしてしまうことで
効果がすこしづつ半減するのではないか

 

という説を唱える研究者もいます。

 

それに対し、チェスの優れている点は、一人ではできない点です。

 

実際に誰かと会話をしながら頭を使うことで、より効果的に、脳に刺激を加えたので、チェスの方が認知症対策として有効ということがわかりました。

 

会話、というのは同じような返答、内容では、相手も飽き飽きしてしまいますよね。

 

相手の性格や趣味、またその時の会話の内容によって、話す内容も変わりますし、話すトーン、声、表情も変わりますよね。

 

やはり会話、人との交流というのは認知症予防にそれだけ効果があるんですね。


 

 

さて、今回は認知症対策とクロスワードパズル、ナンプレとの関係について紹介しました。

 

パズルやナンプレは有効ですが、一人で黙々と作業するより、誰かと相談したり、一緒に問題を解くことで、会話が生まれ、より効果的になるようです。

 

問題も楽しみながら、会話も楽しみながら行うことで、効果が倍増し、より長続きできる秘訣では、と個人的に思います(*^^*)