認知症の診断を出すのはもちろん病院の医者です。

認知症の初期症状、異常なもの忘れや変わった行動があった場合
まずは早いうちに病院にいき、対応してもらうことが大切です。

他の病気もそうですが、早期発見、早期治療が大切ですし
早期から対応することで認知症も進行予防をすることができます。

さて、病院にいく場合、何科に行けばいいのでしょうか?

既に認知症の診断を受けている方もいると思いますが
家族や親、周りの知人等にあれ?認知症のかな?と不安になってしまった方に
今回は認知症の診断の話、また自宅でできる認知症のチェックリストなどを
紹介しようと思います。

認知症、痴呆って何科に行けばいいの?

さっそくですが認知症って何科にいけばいいのでしょうか。

骨折や怪我のようにはっきりと目に見える病気ではないので
どこの科にいけばよいか、わからない方も多いと思います。

最近では“ものわすれ外来”という認知症を専門にする科が増えてきて
ものわすれ外来で診察をうければまず問題ないです。

一口に認知症といっても、認知症の原因はいろいろなものがあります。

慢性硬膜下血腫、水頭症といった脳卒中、脳の血管に由来する認知症もありますし
ホルモンの機能不全が原因なってしまう認知症もあります。

中にはうつ病や精神疾患が原因の認知症もあり
いろいろなものがあります。

脳由来の認知症は脳外科医が、
ホルモン等が原因の認知症は内科医が、
うつ病など精神疾患由来の認知症は精神科医が、
それぞれ専門分野としてみることができます。

ものわすれ外来はこの脳外科、内科、精神科(心療内科)それぞれを見ることができる医師が担当しており
患者さんのもの忘れは正常なのか、それとも異常なものなのか、
異常だったら、原因はなにか、ということを探り
診断する医師を指します。

そのため、個人的には認知症かな?と思ったら
まずものわすれ外来の診察を受けてほしいのですが
よくいく病院にないところもあると思います。

その場合は脳外科、精神科等の診察を受けても大丈夫です。

病院によっては、脳外科の診察をうけ、脳に由来する認知症ではない、
というような診察がでた場合、他の診察、他の医師を紹介するところもあるので
まずは早めに診てもらうことがなにより大切です。


まずは自宅でチェック!

病院で私は働いているのですが
認知症がある程度進行してから診察を受けてくる方や
診断が遅れてしまう方をよくみます。

認知症の世間体、風あたりを気にしてしまったのか、
あるいは特に問題ないだろう、と軽視してしまったのか、
理由は様々ですが、すこしおかしいな、と思ったらまずは病院にいくことが大切です。

しかし、病院にいくのはちょっと・・・という方もいると思います。
自宅で簡単にチェックできるのはないのかな、という方には
個人的に”はからめ”という認知症チェック用品をおすすめします。

▼”はからめ” 公式サイト

このはからめは、“におい”という点に着目しており
においがついたカードはどんな匂いかするのか、というアンケートに答え
それを郵送することで結果がきます。

郵送で専門機関に送ることでより自宅にいながら
信頼できる結果をもらうことができるので非常におすすめです。

ちなみに認知症(アルツハイマー型)とにおい、というのは関係があり
認知症の方はにおいに対しての感度、嗅覚が低下していることが多いです。

食べ物、料理の匂いを嗅がせても特になにも感じなかったり
ちょっと臭い匂いを嗅がせも平気であったりと、嗅覚が低下していることがあります。

嗅覚が低下している人は認知症を発症をする確立が4倍以上というデータもあるので
ぜひはからめの利用の検討してみてくださいね!

スポンサーリンク


無料でできるものはないの?

さて、はからめは非常に有力な認知症診断キットなのですが
有料というデメリットがあります。

無料でできるものはないのでしょうか。

私の病院、また他の病院でもそうですが
認知症の診断をする際、簡単な面接検査をすることが多いです。

この検査はHDS-R(エイチディーエスアール)、あるいはMMSE(エムエムエスエー)という検査方法で
検査することが多いです。

この検査はご自宅でご家族の方でも簡単に行うことができます。

以下、参考サイトを載せておきます。

▼HDS-R

▼MMSE

どちらの検査も似たような質問項目があり
病院や施設によってはHDR-Rしか使わないというところもあります。
(私の職場では、使い分けで両方の検査をも使っています)

HDS-Rは20点以下、MMSEは21点以下で“認知症の疑いがある”というような判断がされ
比較的難しい検査ではないので
ご家族のもと行ってみるのも良いかと思います。

あたり前の質問が多いですので、検査の途中、いらいらしてしまったり
気分が悪くなってしまう方も多いので注意してくださいね。

静かな環境で、検査に集中できるような環境で行ったほうが
より正確にみることができます。

手軽にできる検査ですが、何度も言いますが
最終的に診断を出すのは病院の医師ですので
すこしでも気になることがあったら、病院の診察を受けましょう!



さて、今回はもの忘れ外来や自宅できる診断キット、検査などを紹介しました。

早期発見、早期治療がなにより大切になりますし
自己判断は禁物ですよ!