認知症に限らず、高齢者の方を自宅で介護している方や
一緒に生活している方は多いですよね。

病気や障害を抱えている高齢者も多く
できたら、自宅で長い間一緒に生活したいですよね。

ただ

・最近介護の負担が大きくなってきたー、どうしよう
・仕事の関係で日中、親以外誰もいなくなってしまう
・認知症が最近進んでいるような気がする、心配だなー

など、様々なことがあると思います。

そんな時、一つの手段として、施設入所が挙げられますが
実際に施設の入所時期とタイミングはいつがいいのでしょう?

今回は、そんな施設の話をしようと思います。


施設の入所時期とは?

施設といっても、現在いろいろなサービス、施設があります。

老健や特養、ケアミックス、デイサービス、デイケアなど
サービスの多様化が進み、どんなサービスがあるのかわからないですよね。

さて、入所の時期のタイミングですが
これは私の考えですが
自分の余裕”を基準に考えてほしいです。

自宅で介護をする場合、まず家族や自分が介護をすると思いますが
介護しているとき、ストレスを感じていませんか?

・何度同じことを言っても、同じ質問をしてくる
・ご飯が上手く食べれない、たべこぼしもすごい多い
・失禁が多く、一日に何度もおむつ交換する

など、介護や一緒に生活している中で
すこしでも

・なんかつらいなー
・介護で体が痛い、腰が痛い

と思ったら、個人的に入所を検討しても良いかと思います。

人によってストレスと感じる点が違いますが
自分が普段生活している中で

・なんとなく生きているのがつらい
・介護のことで頭がいっぱいいっぱい

と思ったら、赤信号です。

介護の中で危険なのは共倒れです。

自分が介護疲れに陥り、鬱状態になってしまう方も多く
そうならないために、早めに病院での医師の診断を受けたり
あるいは、ケアマネージャーに相談することが大切です。

介護をしている方は比較的50~60代の方も多いのですが
更年期に差し掛かり、更年期障害のため鬱になる方も多いです。

鬱のきっかけは様々ですが、介護の負担と更年期障害が重なりあい
気持ちに余裕がなくなる場面が多いため、注意が必要です。

スポンサーリンク


入所できない時期ってあるの?

施設入所したいのに、入所できない人がいます。

一体どんな時なんでしょう?

①介護認定が満たない
②施設の部屋が空いていない
③地元住所の方を優先のため入所できない



①介護認定が満たない

施設によっては、要介護1,2だと入所を断るという施設もあります。

入所したいという施設がある場合
介護認定を見直す必要があり、まずはケアマネージャーに相談しましょう。

要介護度が高い、介護量が多い方の入所を優先するため
介護が軽い、そんなに負担とならないと判断されると
入所を断られてしまいます。


②施設の部屋が空いてない

単純に施設の部屋、ベッドが空いていないときも断られてしまいます。

施設によっては、100人待ちもあり

後いつごろで部屋が空くでしょうか?

と質問しても曖昧な返事が返ってくることが多いです。

上記で言ったように、たくさん介護を必要としている人
優先的に入所するため、具体的にいつ入れるか施設側もわからなことが多いです。


③地元住所の方を優先のため入所できない

施設によっては、地元の方や特定の住所に住んでいる方を優先的に入所させる
という施設があります。

入所を検討している要項に記載されていることが多いので
パンフレット、ホームページ等で確認してみましょう。


余談

介護疲れによる事件は非常に近年多いですね。

単に高齢者の増加や介護を必要する高齢者を抱える家族が増えただけではなく
一人で介護をする方が増えたのも要因だと個人的には思います。

さて、以前こんな事件がありました。

伏見・介護事件

京都であった事件ですが
やはりこの事件も介護に疲れる独身の方が発端となった事件でした。

身近に頼れる人がいない、低所得、認知症の進行など
様々なことが重なり合いましたが
あなた自身、あるいはあなたの身近にも同じような環境の方はいないでしょうか?

個人的にはこの事件も氷山の一角のように
実際には事件に至らなかったけど
事件になってしまいそうな気持、境遇になってしまった方も多いかと思います。

親を守るためにも、
自分自身を守るためにも、
適切なサービスの利用、適切な診療・アドバイスを
早い時期から受けることが大切ですね。