認知症の方に限らず、高齢者の方でデイサービスやショートステイ
あるいはなにか施設を利用している方も多いと思います。

また別の病気、持病の関係で病院に継続して行っている方や
定期診察などで病院にかかっている方も多いといます。

さて、認知症の方をサポートしてくれる施設ですが
ご家族で認知症の方を介護している人にとっては
とてもありがたい施設ですよね。

日中どうしても家にいれなかったり
時間や自分の身体の問題で介護をできない人もいると思います。

そんな人の介護の負担を減らしたり、助けてくれるのが
デイサービスやショートステイ、施設ですが
これらの施設を嫌がる、行きたがらない認知症の方も多いです。

中にはなにも言わずに無理に行かせようとしたり
力づくで施設に連れていってしまう方もいますが
なぜ施設に行きたがらないのでしょうか?

またどうすれば施設に行くようになるのでしょうか。

今回は認知症の方と施設、デイサービスについてお話します。


なんで施設や病院を嫌がるの?

なぜ嫌がるのでしょうか?

いくつか理由が考えられます。

①新しい環境、新しい場所、人間関係への不安
②エネルギーの低下、このまま家で、ベッドでゆっくりしたいという願望
③施設に対する偏見
④施設への楽しさが見出せない


などがあります。

①の新しい環境、新しい場所、人間関係ですが
これは私たちの生活でもよく感じますよね。

私も全く知らない場所に行くのは怖いですし
知らないレストラン、行ったことのないお店にいくのさえ
躊躇しますし、勇気とパワーを使います。

②エネルギーの低下、というのは認知症に限らず
高齢者に多いです。

年齢に伴い、体力だけなく、なにかに取り組む、なにか新しいことを行う
ということに疲れてしまいます。

できれば、家でのんびりしていたい、出かけるのが億劫だ、という方もいますし
これらの理由でベッドから出るのさえ嫌がる人は多いです。

スポンサーリンク

③施設に対する偏見、というのは
どうしても施設やデイサービスに対して
“高齢者”や”障害者”というイメージが拭えなく
偏見を持ってしまう方や先入観から
施設を拒んでしまう方は多いです。

④施設への楽しさが見出せない、というのは
既に施設、デイサービスを利用した方に多いです。

一度デイサービスを利用し、
ずっと折り紙や塗り絵、レクリエーションばかりやり
そんなに好きでもないことをやるのは苦痛だ!という方に多いです。

最近では麻雀、カラオケなどを取り入れている施設もあるみたいです。

一般的なデイサービスで行われるレクリエーションは女性向けの内容が多いので
男性の場合、どうしても好きになれない方が多いという話はよく聞きます。

施設を拒んでしまう理由としては上記が考えられます。

病院を拒んでしまうケースとしては

①自分は病気ではないと信じている
②病院に行く、というより外に出るのが億劫で仕方ない
③自分は病気でもないのに病院にいくのは不思議と感じている
④病院の雰囲気が嫌だ


などが考えられます。


どんな対策をすればいいの?

まず注意点としては
拒む方に対しては無理に行かせようとしない
強引に力づくで行かせない、というのが原則です。

無理に行かせることでますます施設に対して
“なイメージが残ってしまい、拒否が強くなってしまいます。

認知症の方は記憶能力が低下していることが多いですが
不思議と嫌なイメージ、感情というの後になっても残ることが多いので
注意が必要です。

さてデイサービスや施設、病院を拒む方に対して
どのような対策を行えばよいのでしょうか?


①別の人が対応する

デイサービスに行く、施設に行く、というお話は
まずご家族の方がされることが多いです。

ご家族がお話して、施設に行かせようとした際、拒否をすることや
嫌がる方も多いですが
施設の方やヘルパー、病院の医師がお話をしたり
デイサービスに行くように声をかけると、拒否をしないことや
嫌がらない場合があります。

余談ですが、入浴の拒否であったり、食事の拒否であったりと
別の場面の拒否の際も、普段とは別の人が対応すると
スムーズに対応できることがあります。


②施設がどんなところか紹介する

いきなりデイサービスに行く、と言っても
今まで行ったことない場所に行くというのは緊張しますし、エネルギーも使います。

施設に行くといろいろな遊びができる!
デイサービスはたくさん人がいて、人と話すのは楽しいよ
家のお風呂より大きなお風呂があるよ!

などなど施設の魅力を説明することが大切です。

家ではできないけど、施設ではできることを中心に説明してみましょう。


③別の施設を検討する

一度、施設、デイサービスを利用した後、
嫌がって行きたがらなくなってしまった方には
別の施設を検討してみましょう。

施設の雰囲気が合わないことや
施設の中に嫌な人ややりたくないレクリエーションがあるのかもしれません。

強引に行かせるのでなく、別の施設を利用することで
拒否がなくなることもあります。

対策としては以上の対策が挙げられます。

病院の場合も同様に

・いつもとは違うところで、今度行くところはすごい綺麗な病院だよ!
・私が病院に行く用事あるから、一緒にあなたも見てもらいましょう
・病院の先生があなたと話したがってるよ

というように声かけをすることで嫌がらずに病院に行くことがあります。

またヘルパーを利用している家庭であれば
ヘルパーやご家族とは別の方が説明して促すことも有効です。

その時は行きたくないだけで、時間をおいて
すこし時間が経ってから説明すると納得されることもあるので
タイミングを見計らって説明してみましょう。




さて、今回は、認知症の方の病院、デイサービス、施設の拒否についてお話しました。

嫌がられてしまうと、つい強い口調で説得してしまいがちですが
拒否をされてしまったときに、一度を身を引くということも大切です。

相手のその時の気持ちも考えて、ゆっくり時間をかけて説明することが大切ですね。