認知症予防に限らず、日ごろの健康のために
なにかサプリメントを飲んでいる方は多いと思います。

マルチビタミン、ビタミンC、ビタミンB、葉酸、鉄・・・

などなど様々なサプリメントが今ではありますよね。

普段の食生活では補うことができない栄養を
サプリと通して得ることができるので
手軽さといえば、とても良いですよね。

私もビタミンB群のサプリを飲んでいます
(私の場合、顔の肌荒れ予防ですが 汗)

さては、今回はそんなサプリと認知症の話です。

認知症予防に効く食材、ビタミンというのは
以前からいろいろな話がありますが
現在の情報過多の社会ではどの情報を信用していいかわかりませんよね。

そんな悩み、疑問について今回はすこしお話していこうと思います。


認知症予防にサプリは無駄!?

いきなり衝撃的な見出しですが(笑)

結論からいうと、認知症、ボケ予防にサプリは有効です。

ではなぜ無駄なのか、というと
サプリを適切にとれば有効に摂ることは有効ですが
この“適切”に摂る、というのが難しいんですよね。

細かくお話していきます。

つい何年か前にアメリカのある研究者が
ビタミン別にサプリを摂取した人を対象に
アルツハイマー型認知症を発症したかどうか、というのを研究したものがあります。

ビタミン別というのは、ビタミンCだけ、ビタミンEだけ、
あるいはいくつかのビタミンを一緒に摂るといったものです。

結果として、ビタミンC、Eと摂取したグループは
特になにもしていないグループと比べ、認知症になる人が少なかったという結果となりました。
(具体的に、ビタミンC、Eを一緒に摂取したグループは70%ほど発症を抑えるというデータが出ました)

もちろん、ビタミンC、ビタミンEを別々に摂っても効果があるようです。

しかし、このアメリカの研究はビタミンを食べ物で摂るグループと
サプリで補うグループで更にわけ、研究をしました。

その結果、サプリで補ったグループは認知症発症予防と因果関係がなかった、
つまり発症予防として有効ではないという見方が発表されました。

しかし、アメリカは広いです。

スポンサーリンク

アメリカにも認知症を研究するいくつかの機関があり
別の研究施設が発表した論文によれば
認知症予防にサプリは有効かもしれない、という発表がされました。
(この発表もビタミンCとビタミンEについてです)

この”有効かもしれない”というのは”有効である”という断定した言い方ではなく
なんらかの発症予防に関係しているが、詳しいことはわからない、という発表だったんですよね。

んー世界は広いですし、まだまだいろいろな研究が進んでいる最中なので
今後、いろいろな見方や考え方で出そうですよね。

さて、サプリが身近な世の中ですが
海外ではサプリを摂取したことによって
副作用が出現し、死亡例も出たほど危険な副作用があるものもあります。
(もちろん本人との相性もあります)

相性が悪いビタミンと薬の例として

①ビタミンA と ワーファリン(ヘパリン)

②ビタミンE と ワーファリン(ヘパリン)

③ビタミンK と ワーファリン(ヘパリン)

③ビタミンB6 と パーキンソン病の治療薬

④葉酸    と てんかん系の薬


他にもいろいろとありますが
高齢者が主に飲みことが多い薬をピックアップしてみました。

ビタミンAとビタミンEはワーファリン、ヘパリンの作用を強くしてしまう副作用があります。

作用が強くなってしまうと出血傾向になると言われていまいますが
具体的にはすこし腕、足をぶつけただけで内出血が起きてしまったり
擦り傷、切り傷を作ってしまった場合、傷の治りが遅くなってしまいます。

それに対し、ビタミンKはワーファリンの作用を抑えてしまいます。

主に心臓病や血管の病気、手術後に飲む方が多いのですが
ワーファリンの作用が抑えられてしまうと、血栓ができてしまうリスクが上がってしまいます。

血栓ができ、その血栓が移動(血栓がとぶ)と脳梗塞、心筋梗塞になってしまい
命に関わることも多いので非常に注意したいですね。

またビタミンB6はパーキンソン病の薬の効果を弱めてしまいます。
パーキンソン病を患う高齢者も多いのでやはり注意が必要ですね。

葉酸も同じく、てんかん薬の効果を弱めてしまいます。

これらからわかるように、サプリは様々な薬との飲み合わせによって
作用を増強、軽減する作用を持っています。

認知症の方は高齢者の方も多いので
認知症だけでなく、もともとなにか持病がある方も大勢います。

もしサプリを飲んでみようかな、と考えている方は
一度、医師や薬剤師の方に相談してくださいね。

さてサプリは認知症にて対して効果がある、という説が有力ですが
普段飲み合わせている薬によっては
危険な副作用が出現する可能性もあります。

手軽ですが、大なり小なり危険が隣合わせにあるということを
忘れないでくださいね!

私の意見としては、サプリで栄養を補うのではなく
普通の食べ物、食材から栄養を摂取するのがベストだと思いますね。



さて、今回はサプリと認知症との関係について紹介しました。

まだまだ研究途中の分野ですが、手軽だからといってすぐに始めるのではなく
一度かかりつけの医師に相談することが大切ですね(‘-‘*)!